頭頂部の薄毛はAGAの兆候なのか?原因や対策まとめ!

413438

男性の薄毛の症状の1つに、頭頂部の薄毛があります。頭頂部の薄毛は、自分でも気付かないことも多く、多くは、ちょっとした機会や、他人からの指摘で分かることもあります。
男性の薄毛には、男性型脱毛症が知られていますが、頭頂部に現れる症状もその一つとなり、この場合、生活習慣などによるものが大きな原因とされています。通常、男性脱毛症に関しては、Ⅱ型5αリダクターゼが原因とされていますが、頭頂部は、その量が生え際よりも少なく、そのために、生活習慣が大きく影響をすることになります。原因としては、まず、ストレスがあり、ここでは、頭皮の血行を悪くし、毛根への栄養が十分に行き届かなくなってしまします。また、暴飲暴食や不規則な生活も大きく関係し、頭皮が不健康になると共に、薄毛につながってしまうことになります。
対策としては、まず、フィナステリドやミノキシジルを使用しての、医療機関における方法があります。ここでの治療法は男性脱毛症に対して広く行われており、これまでも実績のある対処法となっています。参考サイト:AGAの病院@東京
対策としては、日常生活上において、定期的に行うことで効果が期待できる方法もあります。まず、1つ目としては、食事があります。高カロリーの食品や、動物性脂肪分を多く含む食品を取り過ぎてしまうと、血液中のコレステロールが増え、頭皮へ流れる血液の質が変化すると共に、髪の毛にも栄養が行き届きにくくなってしまします。そのために、タンパク質やミネラル、亜鉛を多く含む食事を心掛ける必要があります。2つ目としては、生活習慣があります。この場合には、十分な睡眠を心掛けることで頭皮に良い環境を作ることができ、飲酒などを適度に抑えることで効果が期待できることになります。特に、喫煙は、頭皮に悪影響を及ぼすことを理解しておくことが大切になります。
対策の3つ目としては、日常的なヘアケアを上げることができます。ヘアケアでは、パーマやヘアカラー、洗浄力の強いシャンプーは頭皮を痛めることにつながってしまうために、刺激の強すぎない商品を使用する必要があります。優しく洗うことも大切なことになり、育毛剤や頭皮マッサージも効果が期待できます。